スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ときめき」に頼らない断捨離方法

旅行で浮かれポンチなのも今日で終わり、
本日から現実(社畜)です。



友人からは「超現実主義」と評されるこぶたですが、
まぁわりと自覚はあって、
インプットは感覚的にすることが多いものの、
それらを整理したりアウトプットするのは理路整然としたい、
いわゆる左脳派なのでしょうか。
(右脳派/左脳派も血液型占いと似たようなものなんで真偽の程は分かりませんけど)

なので、
夢を追い続けるアラサー彼氏なんてまっぴら御免だし、
こんまりさんのすすめる「ときめき」も正直よく分からないし、
自己啓発本(特に女性向け)は読んでて笑っちゃうくらいだし、
スピリチュアルなことは一切信じていません。
それがいいかどうか、ではなく、自分を構成する一部なだけ。



話を本題に戻しますと、
ある程度、身の回りの物が減ってくると、
なかなか物が減らせなくなってきます。
捨てる感度を上げたいけれど、「ときめき」より
数値的に何か指針になるものはないのかなーと、
ネットを徘徊していて、「これだ!!!!」というものに出会いました。

自分の持ち物1つを手にとり
「これをお金に戻せるなら、戻す?」と問いかけます。
愛用品なら「これからもずっと使いたいからイヤ!」
適当に買った妥協品なら「お金に戻せるなら喜んで!」


つまり、その物の価値が、買った当初以上のものであれば、
必然的に残せます。

もう減らすことは出来ないと思っていた、
食器類で試してみましたよ!

まず、ガラスコップ。
グラス
IKEA2つ、duralex1つ。
全てお金には戻しません!

次、マグカップ。
マグカップ
スターバックス3つ、ぷーさん1つ。
買ったのはスタッキングしているもののみなので、
他の物は1000円と交換できるかどうか、で考えます。
答えは否!

次、皿。
皿
(ハートマークはよく使っているもの)
手作りのものは、1つ1000円と交換してもいいかどうか、で考えます。
真ん中にある100均のお皿1枚、 引き出物のお皿2枚、 IKEAのお皿1枚は、
それぞれ100円になるなら交換したいかな。
皿
お父さんに買ってもらったこのお皿は、1万円でも交換しません!
(10万と言われればかなりグラつくけど)

次、茶碗。
茶碗
(ハートマークはよく使っているもの)
食器のご紹介をしたあとに、宣言通り、右下の汁茶碗は捨てました。
左下のプレゼントのお椀は、100円に変えられるなら交換したいけど、
これが無くなってしまうと丼物が食べられなくなります。
ということで、買い換え決定!


余分なものはないと思っていた食器類ですが、
視点を変えることで、これだけ成果が出せました。

【捨てるもの】
お皿4枚

【買い換えるもの】・・・いいものに出会ったら買い換える
お椀1つ


是非、お試しあれ。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ にほんブログ村 ファッションブログ 大人可愛い系へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

関連記事
[ 2015/10/09 16:00 ] ■せいかつ シンプルライフ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。