スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分のスタイル

海外の女性を見ると、いい刺激になりますね。
平たい顔族に生まれた以上、
欧米人と同じ土俵では戦えないなぁと思うのですが、
(わたしは更にチビ+デブですし)
それ以前に海外の女性のほうが、
自分のスタイルを確立しているような気がします。
一度すれ違っただたけの人たちですが、
そのような印象を持たれるって、
なんだかうらやましくないですか?

【スペインで感じたこと】
・モノトーンなファッションの人が多い
・ぺたんこ靴が主流
・クラッチバックを持っている人はほぼいない
・サイズに関係なく、服は体が入ればいいと思っているデブがいる(褒めてない)

ルブタンを履く人は地下鉄に乗らないし、
クラッチバッグを持つ人はそもそも自分で荷物を持たないんだろうなぁ。
最後の一つは多分、
本人はセックスアピールしているつもりのようなので
ある意味スタイルを確立していると言えなくも……ない。

そういやスペインでもフリンジが流行っていて、
小物にうまく取り入れている人が多かったです。



【トルコで感じたこと】
・女性の地位は低そう
・ムスリム圏に生まれなくて本当に良かった
・日本人女性はえらくモテる

治安の面からほぼ観光圏内にいたので、
ムスリムの恰好をしている女性は多いものの、
その人がトルコの人なのかどうか、分かりませんでした。
観光業の人はほぼ男性でしたし、
トルコの女性はどの程度自立してるんでしょうかねぇ。


はたから見れば、持ってる服が少ないか多いかなんて分からないし、
着回しが上手いかどうかなんて、同じ職場の女性くらいしか分からないし、
結局、自己満足でしかないのかも。

さて、そんなわけで(?)
着回しコーデって意味あるの?という問いかけには
旅行先で、答えに繋がるヒントを貰った気がします。

ブログランキングに参加しています
一人暮らし仲間がたくさん
にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ
断捨離やシンプルライフの達人たち
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

関連記事
[ 2015/11/10 17:00 ] ■ふぁっしょん myスタンス | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。