スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レギンスのメリット・デメリットとレギンス禁止令

今まで、春~夏にかけてレギンスを多用していましたが、
今年はレギンス禁止令を自分に課そうとしています。
というのも、テレビやネットで再三議論になる、
レギンス(スパッツ、トレンカ等)男ウケ最悪説をきっかけに、
なぜ、自分はレギンスを着用するのか考えてみたんです。


わたしの場合、

・多少ボトムスの丈が短くても、肉感が少なくできる

・足を黒くすることで、着痩せ効果を期待

という2点でした。
でも、デメリットについて考えると、

・一般的に男ウケが悪い

・ボトムス脱いだら江頭回避不可

・蒸れる

・着痩せ効果を期待したところで、根本的に痩せないし太い脚は変わらない

まぁ、男ウケを狙うタイプでもないので、
結局のところ最後の「着痩せ効果に納まる足じゃないことに気づいた」というのが
一番大きいです。
だって、極太の脚→太い脚に見せる効果があったところで、
結果与える印象は「太い脚」なわけで。
「太い脚~普通の太さの脚」の方が「普通~細い脚」を追い求めるなら意味ありそうだけど
自分じゃ、あまりプラスの効果はないと思ったというか。
それだったら、膝丈のボトムスを着用してレギンスを履かなければ、
デメリットの3つは回避できるわけです。

あと海外では、一切!まったく!皆無!0!!!!で
レギンスを履いている方を見かけません。
極太の脚の人だって、惜しげもなく出してます。
世界的な視点で見て、ダサいってことなのかな?


ということでこぶたは、今年の夏はワールドワイドに行きます!

ブログランキングに参加しています
一人暮らし仲間がたくさん
にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ
太りすぎてL~LLサイズ
にほんブログ村 ファッションブログ 大きいサイズへ

関連記事
[ 2016/04/28 08:00 ] ■ふぁっしょん myスタンス | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。