スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シンプルであること

最近の断捨離ブームやミニマリストという単語の広まりから、関連ブログがたくさん存在しますね。
わたしもいろんな方のブログにお邪魔しています。
(読むだけで自分がいろんなものを捨てた気になってしまう罠)

以下、あくまでこぶた個人、個人の意見と思って聞いて頂ければ。



最小であることを突き詰めていくと、
やはり「捨てる」という行為から逃れられないのは分かるのですが、
最近の断捨離・ミニマリストブームの中において、
物を持たないこと、物を捨てること自体に執着しすぎている気がしてなりません。

「断捨離」の意味をwiki先生に聞くと、
「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、
人生や日常生活に不要なモノを断つ、捨てることで、
ものへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、行き方、処世術である、
とされています。
「ものへの執着」と「ものを持たないことへの執着」。
どっちがいい、ってことはない気がするんですよね。

身軽になるといいことづくめなのは分かります。
でも、何かしらの目標、目的があって、その結果がミニマムになることであって、
病的に何もないことに価値を見出すのは、どうなんだろう?



なんだか自分の中の「シンプル」が曖昧になってきた気がしてしまったので、
そんな時はこの本を読み返します。

ドミニック・ホーロー「シンプルに生きる」

「じゃあお前はどーなんだ!」という話ですが、
断捨離の考え方を自分に落とし込むと、
やはりある程度は、時間と手間をお金で買いたい、ということに気が付きました。
シンプルに生きていきたい、必要なものだけに囲まれて暮らしたい、と思っても、
ある程度の便利さや楽さを、お金や道具で解決することが
自分の生活スタイルの上でのシンプルである、という解釈をしています。



とはいーいーつーつーもー。
まだまだ手持ちの荷物は多くて、頭抱えたくなるくらいなので、
さらにどんどん捨てていきたいです。

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ にほんブログ村 ファッションブログ 大人可愛い系へ





関連記事
[ 2015/03/27 18:00 ] ■せいかつ シンプルライフ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。